同じクルマでも業者によって評価はいろいろ

ネットを使って複数社から見積もりを取ることで、中古車の最高買取額がわかります。
普通みんながすることは、買い物をするときには、いろいろなお店をチェックしたりします。
ネットで調べたりして、一番安く買えるところを探しますよね。
逆にいえば、あなたが愛車を売るときも、買い物をするときと同じような感覚でするべきです。
それが一番高く買ってもらえるところを探すコツ、ということになります。
クルマの場合は、ネットの無料ネット一括見積りサービスを利用することに当たります。
そうすることで、複数の業者に一度の作業でクルマの概算価格の見積もりをネットで依頼できるんです。
ここでは。無料一括ネット見積りサービスの利用をおすすめしています。


なぜ、同じクルマなのに業者ごとに買取金額が違うの?

その理由は、業者が買い取ったクルマをどのような販売ルートで利益を出しているかです。
それぞれの業者が販売ルートのマーケットによって、クルマの評価が違うのです。
多くの業者は、業者だけが参加できるオークションに加入しています。
通常は、買い取ったクルマを出品することで、売却して利益を得ているのです。
なかには。、海外に輸出して利益を出している業者も多いのです。

とくに発展途上国では、日本のクルマは非常に人気があります。
故障した場合は、現地の人が修理して乗ります。
走行距離も30万キロや50万キロ、長い間利用するのが普通です。
日本の場合、走行距離が10万キロになってしまうと、買取を敬遠されてしまいます。
海外では、10万キロの走行距離など、まったく問題にされないことが多いです。


事故歴、走行距離が多くても大丈夫

ネットで調べると、ある業者では買取金額が低くても、違う業者では高く評価してくれることがあるのです。
また、無料一括ネット見積りサービス依頼すると、買取価格が高くなりやすいのです。
ひとつの理由は、これに参加している業者は、買取り価格についての競争があるからです。
このことを最初からわかったうえで、参加しているということです。
他社より高い値段をネットで提示しないと、依頼した人が自分のところに売ってくれない。
こんなことが最初から、多くのネット参加会社でわかっています。
だから、それぞれの業者は、ネットで可能な限り高い見積もり価格を出してきます。
そういうわけですから、クルマを売るときは、複数の業者から買取価格の見積もりをとりましょう。


できるだけ多くの会社で見積り

クルマの無料一括ネット見積りサイトは、「最大10社」といっても実際に見積りの返答が来るのは5~6社、地域によっては4~5社というのが実際のところです。
ですから、気合を入れて多くの会社を競争させようと考えている人にとっては、一つの無料一括ネット見積りサイトでは物足りないことになると思います。
このような場合のポイントは、無料一括ネット見積りサイトを複数利用して参加会社を増やすことです。
何しろどこのサイトも利用料は無料ですから、二つで足りなければ三つ申し込めばいいのです。

ネットを見ると無料一括ネット見積りサイトを三つ使って、10社以上の会社に見積りしてもらい、入札で最高額のところに売却したという武勇伝もあります。
とにかく、10社とまでは行かなくても、例えば5、6社とか見積りを同時にやってもらうのもいいでしょう。
業者もこのようなことに慣れていますから、同時見積りを嫌がることもありません。
「同時見積りだと談合の心配が・・」という意見を見かけることがあります。
ただ、複数社同時見積りの経験から見て談合などありえないと思います。
もし本当に地域レベルでのプチ談合みたいなのがあったとしても、全国展開の大手買取店も混じった競争になれば価格面でぶっ飛ばされてしまうでしょう。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|