へこみやキズは、修理すべき?

愛車の買取依頼のとき、新車同様の場合を100として評価をします。
とうぜん、へこみやキズは大なり小なりできてしまうのが普通ですね。
これでは、なかなか高い価格で買取額が出ません。

少しでも買取額を上げたい場合、チョッとした手間をかけるのがコツです。
コンパウンドで磨いて消える小さな傷に関しては、補修しておきましょう。
洗車やワックスをして、少しでも車にツヤを出したりすることもいいですね。

愛車の買取依頼で気になるのが、へこみやキズが大きい場合です。
本来ならば、へこみやキズの板金修理をあらかじめしてから依頼するべきでしょう。

ただ、へこみやキズがあっても買取額に大きな変化がないのが本当のところです。
むしろ、へこみやキズの修理期間中に相場が下がってしまうこともあります。
補修部品がなかなか入手できない、へこみやキズの修理代が高くついて損してしまう。
こんなときは、へこみやキズが大きな場合、そのままにしておいた方が無難です。

へこみやキズを市販品の補修ペンなどで補修したとき、仕上がりが不自然だと困ります。
これだけでも大きなマイナスになる場合があるのです。
キレイに直す自信がないのなら、手を加えるのはできるだけ避けます。
もちろん、自動車メーカーの保証範囲内で修理してもらえる場合は修理してもらいましょう。

販売会社では、板金塗装を施して整備した料金を上乗せして販売したり。
へこみやキズを明示して訳あり納得価格で販売する方法があります。
販売会社としての戦略は、いろいろとあります。
へこみやキズがあっても、あまり気にせず買取店に出してみましょう。

ただし、へこみやキズがあると買取額の駆け引きの対象となってしまいます。
へこみやキズを指摘された場合は、認めることが大事です。
ただ、へこみやキズをいちいちアピールをすることは避けましょう。


へこみやキズがあっても鑑定をしてみましょう

修理に数万円をかけたとしても、買取額がその分だけ上積みされる保証はありません。
つまり、買取額を上げたいからといって、修理までする必要はないということです。

・目立つキズや凹みがある

・修理せずに出張鑑定をお願いする

・買取額を教えてもらう

・買取額に満足なら売る、満足できないなら修理して乗り続ける

とりあえずそのまま出張鑑定を依頼してみましょう。
その金額を聞いたうえで、売るかどうかの最終判断をしてみてはいかがでしょうか?




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|